中古車オークションの仕組み

中古車オークションとは

中古車のオークションとは、全国各地にある、買取店・中古車販売店・ディーラーが参加する車の卸売り市場です。 魚や野菜の市場と似たようなもので、セリにかけられた車に最も高い金額を入札した業者が落札します。

元々、中古車オークションは、中古車販売店やメーカー系ディーラーなどが、お互いに車のやりとりをする場として使われています。 そのため、今も一般人は参加できません。しかし、業者によってはネットオークションに車を欲しがっている一般人を同席させて車や入札額を決定しているところもあります。

一般の方は参加できません

オークションに参加するには会員にならなければいけません。 しかし、中には悪質な業者もいるため、こういった業者を排除してオークションの規律を守るため、入会が厳しくなっています。 よって、中古車販売店であっても、必ず会員になれるわけではありません。

昔はオークション会場のみでの取引でしたが、現在では、インターネットを使ったオークションが増え、オークション会場へ行かなくても入札に参加できるようになりました。 中古車が欲しいユーザーは、ショップ側がオークションで落札して仕入れた車を買うことになります。 一般の人がオートオークションで車を売りたい場合は、業者が代行して出品してくれることもあります。

個人売買用のオークションもある

インターネットでは、個人で車を売買できるオークションサービスが展開されています。 Gooなどでは、オーナー自らが車を出品して競争入札形式で愛車を売却することができます。 個人オークションのメリットは、自分で最低価格を設定できるところ。出品者も落札者も余計な経費が不要なので、欲しい車を安く買うことができます。 ただし、愛車の市場相場は事前にチェックしておかなければ、安く売りすぎたり、最低価格が高すぎて売れないこともあります。

このページの先頭へ