事故車・不動車・水没車も売れます

なぜ、事故車や水没車(冠水車)に査定がつくのか

事故車や修復歴車は、当然ですが買取額は低くなります。程度や修理箇所によっては買取に応じてくれない店もあります。それなのに、事故車・不動車・水没車の買取に積極的な店も増えてきました。

これは、国内販売が難しい車を海外向けに修理して販売するルートがあるからです。走行できなくなった不動車や水没車(冠水車)であっても、現地人が使える部分をパーツ単位で輸入したり、使える部品を寄せ集めて輸入して国外で組み立てることも当たり前に行われています。

このため、普通では廃車にしかならないと思われる車にさえ値が付きます。実際に事故車買取を行っている業者が多いことが、海外における車事情を物語っています。

「廃車かな?」と思ってもまずは試しに無料査定

ですから、愛車の状態がひどくても、とりあえず査定してもらうことをお勧めします。これも大切な車の有効活用、資源の再利用になりますし、車を欲しがっている人を助けることにもなります。海外で需要の高い「4WD車」「ディーゼル車」「ツーシーターのスポーツカー」は意外に高い値段がつくかもしれません。

廃車にすると、廃車手数料を取られるので確実にマイナスですが、ネットの無料査定で値がつけばプラスになります。無料査定に申し込んで、値が付いたら売るというスタンスが損をしない秘訣です。

このページの先頭へ