輸入車・旧車の査定

輸入車に対するイメージ

日本ではまだ多くありませんが、徐々に輸入車が増えてきています。輸入車は値段が高いのに故障しやすいというイメージがありませんか?

故障などは改善されてきて故障しにくくなっていますが、未だにマイナスイメージが強く残っていることも、輸入車の増加の足かせの一因となっているようです。中古輸入車も、修理や定期点検などで維持費がかさむという考えられていて、販売は伸びているとは言えません。

人気の輸入車は?

輸入車の買取査定では、特定の車種に人気が集中する傾向があります。具体的には、BMW、メルセデス、アウディなど、日本で人気があるメーカーや、コンパクトで乗りやすく、台数が多く販売されているプジョーなどで有利な査定が出やすくなっています。

反面、マイナーな輸入車の中古車は需要が少ないので査定額は低くなっています。特にアメ車の査定額は低いです。また、低年式車になるとさらに厳しくチェックされ、ゼロ査定も珍しくありません。

買取専門店は積極的に買取中

それでも、大手買取専門店などでは、輸入車の買取を積極的に行っています。輸入車を専門的に扱うインターネット一括査定サービスも誕生し、人気の低いの輸入車でもそれなりの査定額が提示されるようになってきました。多くはありませんが、古い特定のモデルを好むオーナーがいることも事実で、潜在的な輸入車の需要を掘り起こしている面もあります。

国産の旧車は?

輸入車と同じく、国産の旧車も同じような状況にあります。中途半端に古いモデルではなく、何十年も前にブレイクした名車に乗っているユーザーもいますが、愛着や車の程度が査定額に反映されることは、まずありませんでした。

しかし、今ではネットの一括査定を使えば、意外なほど高値が付くこともあります。旧車でも、とくにマニアやコレクターが喉から手が出るほど欲しがるようなモデルや隠れた名車であれば、ネット査定を試してみることをオススメします。

このページの先頭へ